線路を行く

高松智徳による鉄道趣味ブログです。

ガチで撮り納め!? - 京急久里浜線の有名撮影地

f:id:takamatsutomonori:20191231182706j:plain

京急久里浜線の有名撮影地で捉えた、京急2100形2133編成「京急ブルースカイトレイン」(KEIKYU BLUE SKY TRAIN)、2019年大晦日の勇姿(←大袈裟w)!!。

現在は「北海道ほたて号」として、北海道の名産品のPRラッピングが施されている。

 

●撮影日時; 2019/12/31(火)、12:03頃

●カメラ; Panasonic DC-G99(「LUMIX G99」)

●レンズ; LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.

●絞り値; f/4.5

●露出時間; 1/1000秒

ISO感度; ISO-200

●露出補正; 0 ステップ

焦点距離; 80mm(※35mm判換算; 約166mm)

 

 

■経緯

 

 今日は、2019年12月31日(火)。

 仕事が休みで大した予定も無かったし、予報で天気も良さそうだったので、今年の撮り納めにと、

 ジブンのお気に入りだった撮影地の1つ、京急久里浜線は三浦海岸~三崎口間に架かる、小松ヶ池公園近くの跨線橋へ行ってみたんだが……。

 

 

■撮影日・撮影場所

 

●撮影日; 2019年12月31日(火)

●路線; 京急久里浜線

区間; 三浦海岸~三崎口

●方向; 下り(三崎口 方面行)

●場所; 神奈川県三浦市 小松ヶ池公園近くの跨線橋

 

 

■撮影地情報

 

●下車駅(バス停); 京急久里浜線三崎口駅より徒歩約15分

●方向; 下り(三崎口 方面行)

●順光時間; 午後早く

焦点距離; 35mm判換算で100~200mm程度(※今回は約166mmで撮影)

●定員; 1人(になってしまった、今後撮れなくなる可能性も)

 

●良いところ

 2月末頃には河津桜と絡めて撮れる

 単線区間なので、対向列車に被られない

 三浦海岸駅方へ坂を降りたところに公衆トイレ有り

●難点

 跨線橋の防護柵に沿って、金網の塀(?)が新設・延長されてしまった

  ⇒隙間が塞がれれば、脚立無しでは撮れなくなってしまう可能性も

 車道上なので背後を通る車に配慮する必要性有り

  ⇒三脚・脚立の使用はお勧めしない

  ⇒但し交通量は少な目

 駅近くまで出ないとコンビニや飲食店は無し

 

●行き方

1. 三崎口駅を出て、左斜め前へ伸びるバスターミナルの歩道を進んでいく

2. 右手に三浦海岸駅方面へ坂を下っていく道があるので、そこへ入っていく

3. 京急線の高架橋を潜り、高架橋に沿って道を歩いて行く

4. 道が左へ曲がった先に、右手に京急線の線路脇へ行ける階段があるので昇る

5. そのまま直進、沓形公園と京急線の間の歩道を行く

6. 短い横断歩道を渡り、さらに京急線の高架橋脇を歩いて行く

7. すると、正面に跨線橋の方へ行ける階段があるので昇る

8. 右折して京急線の線路を越えた辺り、左側

 

 

■他の写真

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182713j:plain

↑撮影地である跨線橋を、三浦海岸駅方から眺めた写真。

線路上にしか無かった金網の塀(?)が、画面左の道路上にまで新設・延長されてしまった。

網を支持する柱が白くて低くなっている部分が、今回恐らく新設された箇所。以前は、その部分については、ガードレールと背丈の低い防護柵だけで、金網は無かった。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182717j:plain

跨線橋上から眺めた撮影地全景。向かって右奥の方の金網の塀(?)が、今回新設・延長された部分。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182722j:plain

↑既存部分と新設部分の間に、カメラのレンズを入れられそうな隙間を発見。

今回はコチラから撮影した。

1人しか撮れないorz。

ちなみに使用したレンズは最大径76mmだったので、一眼レフやレンズ交換式ミラーレスカメラでも、お高い¥¥¥大口径・超望遠レンズで無ければこの隙間に充分入れられると思う。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182727j:plain

↑通常塗装の2100形も来た。相鉄12000系と同様、シャッタスピード1/1000秒でもLEDの行先表示が切れないのが素晴らしい!!。他社の新型車両も見習うべき!!。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182732j:plain

↑コチラは1000形。初期編成はアルミ車体で2100形と似たような外観。ジブンら素人は、運転室窓下の形式名と車体側面のドア数(+客室窓)で見分けるしかない。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182738j:plain

↑コチラも1000形だが、後期導入編成はステンレス車体が採用されたため外観が異なる。車体側面の帯は塗装ではなくラッピングらしい。但し、最近導入した編成はステンレスでもアルミ編成と同様の塗装に戻したらしいとか。ソレを撮りたいのだけれど、ソイツは逗子線ばっかに行ってて、此処にはナカナカ来てくれない(T_T)!!。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182742j:plain

↑ちなみに、上り列車の撮影出来た三崎口側も、御覧のように金網塀(?)が新設・延長されてしまっていた。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182747j:plain

跨線橋上から、上り列車向けの撮影地全景。ちなみにコチラは歩道上での撮影となるため、歩行者に配慮が必要。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182751j:plain

三崎口側(上り列車撮影向け)では、何故か下部に網が張られていない箇所を発見。この柵の隙間からレンズを入れて撮影出来そうだ。今後埋められなきゃいいのだけど……。

 

f:id:takamatsutomonori:20191231182755j:plain

三崎口側(上り列車撮影向け)のデモンストレーション(?)。

構図はだいぶ限られてしまったが、取り敢えずは撮れる。

因みにコチラは朝早くが順光、今回は、着いた時既に正面に陽が回らなくなってしまっていたので、ざっくりコレ1枚撮っただけ。

 

 

■纏め

 

 てなワケで、“2019年撮り納め”のつもりが、“この撮影地撮り納め”になりかねない事態に……。此処は、毎年2月末頃に河津桜が咲いて京急の電車と絡めて撮れる(→今年の参考記事)んだけど、来年はちょっと厳しいかな。

 “撮り納め”ということでパーッとやるつもりが、消えゆく名撮影地、少し悲しい一報になってしまった…(´・ω・`)。まあパーッと晴れて気温も19℃(三浦市)(真冬なのに…)、風も豪快に吹いてたけど(^_^;)!!。

 以上、難有りな“撮り納め”でした。今年も当ブログを御覧戴き、有難う御座いました。

 

 

■インスタグラム

 

●2019.12.31(火)

  ガチで撮り納め!? @神奈川県三浦市

 

 

■関連記事

 

●2019.09.04(水)

  京急久里浜線を行く、都営5500形

 

●2019.03.07(木)

  KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN × 河津桜

 

 

 

東武、来年6月から日比谷線直通「THライナー」を運行

 

 列車名称(愛称)を“アルファベット2文字+ライナー”なのは、先に東武東上線で運行を始めている座席指定制列車「TJライナー」(※当初は座席定員制だった)に揃えた(?)か。ちょっと言いにくいけど、まあ(ネーミングセンスは)嫌いじゃない。

 来年(2020年)の6月6日(土)から運転開始、ということで、やっぱり東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ」開業に合わせるのね(当たり前か!)。

 

 停車駅は、結構絞ったなあ……という印象。東武線内は急行に近い形で、草加や新越谷も停めてくると思った。日比谷線内も、日比谷くらいは停めようよ(^_^;)。

 

 フリー乗降区間。上りは「TJライナー」みたく東武線側で設定あると思ったけど、まさかの無し。

 区間準急が新越谷から各駅停車になるので、新越谷か(区間準急と緩急接続かけるなら)せんげん台からフリーにして急行の補完にするか、

 もしくは、東武動物公園からフリー、和戸にも停めて、日光線南栗橋方面行の列車と接続、にすれば、

 他の列車をちょっと削減しても(^_^;)特別料金払わない利用者の利便性を確保出来る気がする。

 

 あと上りが中目黒まで来ずに恵比寿止まりなのはなんでや。折り返せないからどうせ回送にして車両は中目黒まで行くでしょ!?。

 下りが霞ヶ関始発なのは、同駅中目黒方に引き上げ線があるので、車両を回送でそこまで送り込んで……ってコトなのは解る。

 

 ダイヤ詳細と料金は今回発表にならず。料金は会社跨ぐので、西武の「S-Train」を参考にするんだろうけど。ダイヤは、日比谷線内は他の列車とほぼ平行ダイヤだろうけど、東武線内でどれくらい飛ばすか、追い抜き・接続・通過待ちがどうなるかが気になるかな。

 

 

■参考

 

●2019.12.19(木)

  東武鉄道ニュースリリース(PDF)

  東京メトロニュースリリース(PDF)

 

 

■関連記事

 

●2019.11.11(月)

  東京メトロ日比谷線、虎ノ門ヒルズ駅は来年6月6日(土)開業

 

●2019.03.27(水)

  東武、東京メトロ日比谷線直通列車に有料着席サービス(東武70090型)

 

 

 

JR四国、6000系で松山へ行く変態ツアー

 

 転換クロスシートとはいえ6時間も通勤(近郊)電車に乗れと!?。

 松山で1時間しか滞在出来ないし、帰りは伊予西条(※往きは高松集合)で降ろされる。

 しかも騒音の煩い席の方が静かな席より旅行代金高いんだから笑えるわ。

 

 いや~毎度JR四国のワープ高知支店の乗り鉄向け変態ツアーには参加したいんだけど、ジブン住んでるの東京だから集合場所まで行くのに……

 今回は高知支店じゃなくて松山支店新居浜営業所になってる!?。

 

 6000系の“音”はジブンも結構好きで、

 学生時代に、高松→坂出乗る時に、先に出る5000系のマリンライナー見送ってわざわざ6000系のサンポート乗った事もあるくらい。

 2本しかないので旅行で四国行ってもナカナカ巡り合えないのが悲しい。

 

 最近乗ってないけど、阪急8200系も似たような“音”だったか...。

 

 

■参考

 

●2019.12.17(火)

  http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2019%2012%2017.pdf

 

 

 

 

さようなら、E995系「NE Train スマート電池くん」

f:id:takamatsutomonori:20191218210817j:plain

EF64形1000番台1052号機に牽かれ、長野総合車両センター(鉄道車両の廃車解体設備があるらしい)へと向かう、「NE Train スマート電池くん」ことE995系のクモヤE995-1。

厳しい光線状況での撮影となった(^_^;)。

後ろなんか居るけど気にしない(^_^;)。

順光となる鉄橋の反対側でカメラ構えてた人多かったけど、ちゃんと(E353系に被られずに)撮れたのかな?。

 

 

■経緯

 

 E261系の試運転を撮りに行っている(→該当記事)間に、JR東日本の蓄電池駆動試験車である(あった)E995系クモヤE995-1「NE Train スマート電池くん」(※妙な名前だけど、一応は公式プレスリリースでも記載されていた正式名称)廃車回送が今日あるという情報を入手したので、その後に急遽、輸送経路沿線の撮影地へ向かった次第。

 

 

■撮影日・撮影場所

 

●撮影日; 2019年12月18日(水)

●路線; 中央本線

区間; 立川~日野 間

●方向; 下り(八王子, 甲府 方面行)

●場所; 東京都日野市 多摩川橋梁南東

 

 

■他の写真

 

f:id:takamatsutomonori:20191218210822j:plain

f:id:takamatsutomonori:20191218210828j:plain

f:id:takamatsutomonori:20191218210835j:plain

↑↑↑+↑↑+↑

此処では後追いは撮れないので、ヤケクソで連写したカットの一部を公開。

側面の妙な“スマート電池くん”のイラストはまだ健在だった...。

 

 

■纏め

 

 元々は2003年にハイブリッド気動車の試験車「E991系」の「キヤE991-1」「NEトレイン」として登場、そしてその役割を終え廃車扱いとなったものの、燃料電池式電車の試験車として改造され復活、2009年からは蓄電池駆動電車の試験車として活躍……と様々な新技術の試験を担ってきた、「クモヤE995-1」。

 その最期の“線路を行く”(自走じゃないけど)姿を拝めたのは、光栄(?)だった。

 

 蓄電池駆動電車としての走行試験の成果は、JR烏山線で2014年に営業運転を開始した「EV-E301系」に反映されているということなので、近いうちにソレに乗りに行きたいと思う。

 (←もう登場して5年も経ってるのに、まだ乗ったことねえのかよw)

 

 

■インスタグラム

 

●2019.12.18(水)

  さようなら“スマート電池くん” @東京都日野市

 

 

 

E261系試運転、鶴見川橋梁を行く

f:id:takamatsutomonori:20191218201047j:plain

鶴見川を渡る、E261系RS1編成(第1編成?)による試運転列車。

午後早い時間帯だったので、車体側面に陽が回ってないorz。

青くてギラついてるので、なかなか撮影者泣かせなヤツ。

 

 

■経緯

 

 久しぶりにほぼ終日空き時間が出来たので、天気も悪くなさそうだし、何処か撮りに行こうかな、と。

 来年(2020年)3月から営業運転を始める、伊豆方面行の観光特急「サフィール踊り子」として使用される予定の新型車両E261系が、連日に渡って試運転を行っているらしい。

 ということで、それを撮りに、品鶴線(東海道本線の貨物線の一部の通称)下り、新鶴見信号場→鶴見間に架かる鶴見川橋梁へ向かった次第。

 

 

■撮影日・撮影場所

 

●撮影日; 2019年12月18日(水)

●路線; 品鶴線(東海道本線の貨物線の一部の通称)

区間; 新鶴見信号場~鶴見 間

●方向; 下り(鶴見, 横浜羽沢 方面行)

●場所; 横浜市鶴見区 佃野公園付近 鶴見川橋梁南方

 

 

■他の写真

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201051j:plain

↑先月末(2019年11月30日(土))に開業(直通運転開始)した、相鉄・JR直通線の電車。

コチラは相鉄12000系。

列車番号139M(※平日)の、新宿12:32始発、各駅停車海老名行(※相鉄線内特急)は、本来はJRの車両で運転されるらしいけど、今朝はJR川越線内濃霧発生や相鉄本線横浜駅での車両故障の影響でダイヤが乱れ、相鉄車両での運転となった模様。

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201056j:plain

↑同じく相鉄・JR直通線。コチラはE233系7000番台

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201101j:plain

↑貨物列車も来る。牽引機はEF65形1000番台(2000番台)。

パンタの位置的に、もう少しカメラを右に向けて列車を引く構図にするべきだったか...。

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201107j:plain

EH500形。“ECO-POWER 金太郎”の愛称を持つ。

2車体連結式(これで“1両”らしい)で、交流・直流の両方の電化区間に対応する電気機関車

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201112j:plain

EH200形。「ECO POWER ブルーサンダー」の愛称を持つ。

コチラも2車体連結式だが、東北本線黒磯以北などへは乗り入れない為、交流電化区間には対応せず、直流電化区間専用の電気機関車となっている。

トップナンバーや!!。

 

f:id:takamatsutomonori:20191218201117j:plain

↑なぜか12:01頃に「9383M 試運転」表示で鶴見駅構内に停まっていた、E233系8000番台(JR南武線で使用される車両)のN23編成。

すぐ新鶴見信号場方面へ走っていった。何用!?。検査明けで出場したとかかな!?。

 

 

■纏め

 

 いま注目の新型車両の試運転を撮れたのは良かった。しかも此処は通常の営業運転では通らないだろう(※正確には、「サフィール踊り子」としては鶴見付近は通過するだろうけど、多分違う線路なのでこんな感じでは撮れないと思う...)し。

 試運転が暫く続くならまた撮りに来たいし、出来れば違う場所でも撮れたらいいなあ...。

 

 

■インスタグラム

 

●2019.12.18(水)

  来春デビュー @横浜市鶴見区

 

 

 

新京成80000形、12月21日(土)に“お客さま向けの試乗会“

 

 土曜日はいつも仕事だから行けないんだけどね...。

 2019年冬に営業運転開始らしいけど、そのうち撮り&乗りに行ければ...。

 

 

■参考

 

●2019.12.19(火)

  新京成電鉄ニュースリリース

  ぷらっと新京成 - イベント

 

 

 

「WEST EXPERSS 銀河」運行概要

 

 YouTubeの公式紹介動画見たけど、6両編成中1両が丸々女性用か...。

 JR西日本は、露骨に男性差別してくるから駄目だ。相変わらず安全管理も不十分だし、正直マトモな鉄道会社とは思えない。

 

 

■参考

 

●2019.11.20(水)

  JR西日本ニュースリリース

  同 - 詳細(※PDF)

●2019.11.19(火)

  公式紹介動画(※YouTube)

 

 

 

京成3100形と3050形橙帯車

f:id:takamatsutomonori:20191119170809j:plain

北総線、西白井→新鎌ヶ谷を行く、京成3100形3151編成。

現在、3100形は8両編成×2本の16両あり、第1編成(?)となるコチラの3151編成は日本車輛製造(日本車両)豊川製作所にて製造された。第2編成(?)の3152編成は製造工場が異なり、総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所製となっている。

今年度分の導入は完了したけど、来年度からも導入が続けられる模様。

昼から晴れてバッチリ順光で撮れたのが良かった。

 

 

■経緯

 

 京成3100形(今年度デビューした、京成電鉄成田スカイアクセス線アクセス特急列車向けの新型車両)甲種輸送を9月に撮った(→記事)ので、近いうちに試運転も撮りたいなあ…と思っていたら、もう通常の営業運転を始めている(10月26日(土)に、同日のダイヤ改正に合わせて開始した模様)ではないか!!

 3050形のカラーリング更新(青帯→橙帯)車も同日から営業入りしたという情報も入手、

 両方撮れたら、てなワケで、北総線沿線へ向かった次第。

 

 

■撮影日・撮影場所

 

●撮影日; 2019年11月19日(火)

●路線; 北総線(成田スカイアクセス線)(京成成田空港線)

区間; 新鎌ヶ谷~西白井 間

●方向; 上り(京成高砂, 京成上野 方面行)

●場所; 千葉県白井市 西白井駅西方約1km、大松一丁目付近

 

 

■撮影地情報

 

●方向; 上り(京成高砂, 京成上野 方面行)

●順光時間; 午後

焦点距離; 35mm判換算で50~200mm程度(※今回は約80mmで撮影)

●定員; 5~10人くらい

 

●良いところ

  歩道はやや広め

   ⇒三脚は立てれなくもない

  春には桜と絡めて撮ることも一応可能

   ⇒作例(^_^;)

●難点

  近くにトイレやコンビニや飲食店は無し

   ⇒駅周辺で済ませるか、

   ⇒線路掘込沿い北側の道を西白井駅方面へ
    10分ほど歩くとランドローム(食品スーパー)

   ⇒線路掘込沿い北側の道を西へ
    7分ほど歩くとセブンイレブン有り

 

●行き方

1. 西白井駅の改札を出て、前の跨線橋を右(南)へ

2. 跨線橋を渡り終えたら、右手の階段を降りる

3. 北総線の掘込沿いの歩道を左(西)(新鎌ヶ谷駅方面)へ

4. 3つ目の信号を横断歩道渡らず右折

  ⇒西白井駅から1km(約15分)ほど

5. 跨線橋の歩道上、線路超える手前右側辺りがポイント

6. 西白井駅から徒歩約15分

 

 

■他の写真

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170814j:plain

↑3050形3052編成。

3050形は、2010年の成田スカイアクセス線開業に向けて新規に導入されたグループで、3000形の一部であるものの、以前のソレより仕様に改良が加えられている。

3100形に合わせ、今後も成田スカイアクセス線アクセス特急列車の運用に就く編成は、順次橙帯にカラーリング変更がなされるらしい。現在は写真の3052編成と、もう1本、3054編成が、橙帯になった。

少し遅い時刻に撮ったので、線路脇の草の影が車体前面に少し掛かってしまったorz。

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170819j:plain

↑3050形3051編成。

コチラはまだカラーリング変更がなされていないので、従来の青帯のまま。

撮るなら今のうち!?。

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170824j:plain

↑3000形3036編成。

2003年の3000形デビュー当初からあるオリジナルのカラーリングを纏っているが、この編成が出来たのは2018年とワリと最近。

3100形導入でアクセス特急運用から外れる3050形が、このカラーリングにされるという噂も。

あと、今後3100形にもアクセス特急運用に就かない編成が登場するらしく、その編成についてもこのようなカラーリングになる!?

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170832j:plain

北総鉄道保有する北総7500形

保有(運用)会社とカラーリングが異なるだけで、技術的にはほぼ京成3000形と同一。8両編成×3本の24両が在籍する。

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170838j:plain

千葉ニュータウン鉄道9200形

コイツも事実上は京成3000形の色違いちゃん。

車両の運行は北総鉄道が行っているので、運用は北総7500形と共通(多分)。

1本(8両)しか居ないので結構レア。

あと新京成N800形が撮れれば京成3000形ファミリー(?)全カラーリングフルコンプなんだが、此処には来ないのでしゃーない...。

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170843j:plain

↑京成スカイライナーとして運用されるAE形。

3代目スカイライナーの利用者が今年10月で3500万人を達成したらしく、その記念ヘッドマークを掲げた、AE7編成が来てくれたので、オマケで掲載。

 

f:id:takamatsutomonori:20191119170849j:plain

新鎌ヶ谷駅に停車中の3050形3052編成。

3100形には乗れなかったけど、コイツには乗れたので。

次こそは3100形に乗ってみたい!!。

 

 

■纏め

 

 無事、3100形と橙帯の3050形が撮れたので、おk。

 また桜の咲く頃に訪れることが出来ればいいなあ...。

 

 

■インスタグラム

 

●2019.11.19(火)

  New Face & New Color @千葉県白井市

 

 

■関連記事

 

●2019.09.23(月)

  京成3100形甲種輸送

●2019.09.21(土)

  京成3100形の体験乗車ツアーを10月12日(土)に開催

●2018.03.30(金)

  サクラ スカイ アクセス

●2017.06.23(金)

  白井でスカイライナーとか撮ってきた

 

 

 

東京メトロ日比谷線、虎ノ門ヒルズ駅は来年6月6日(土)開業

 

 “相対式2面ホーム構造”で、“ホーム間の連絡通路は、開業以降B2Fに整備予定”と書いてあるから、開業当初は、銀座線の末広町駅上野広小路駅みたく、上下線(東京メトロだから“A線B線”か)で別改札!?。

 開業時点で銀座線虎ノ門駅と“乗換駅”扱いらしいけど、地下通路はA線(中目黒方面行)ホーム側の改札しか通じてないみたいだから、実際に乗り換えるとしたら結構不便やな。

 

 そういえば、2020年度から東武70090型を使用しての有料着席サービスを開始するらしい(→ソース)けど、同日にダイヤ改正もするということなので、そのタイミングになるのか!?。

 

 駅ナンバリングどうするかも気になってたけど、こちらは北千住~霞ヶ関を1つずつ繰り下げることで対応か。他社で同様のケースでは、“-1”を付けて対応(JR土讃線の小村神社前駅)なんてのもあったけど。

 

 

■参考

 

●2019.11.11(月)

  東京メトロニュースリリース

  同 - 別添ファイル(※PDF)

 

 

■関連記事

 

●2019.03.27(水)

  東武、東京メトロ日比谷線直通列車に有料着席サービス(東武70090型)

 

 

 

来年度から東京メトロ17000系を導入

 

 まあ前々から(もちろん公式からも)言われてたことだけど。

 個別に(独立した)公式情報が出たってことで。

 

 “2022年度までに全21編成210両を導入する予定”とあるけど、現在の7000系の在籍数が10両編成×6本と8両編成×15本の合わせて21本180両で数が合うので、7000系は2022年(2023年?)で営業運転終了かな。

 2006年から導入された10000系の10両編成×31本の計310両よりは少なくなるのね。

 

 しかし10000系(鍵穴の形した前照灯尾灯は個人的に好き)に比べると、車体外観はヤッツケ感がパネェなあ...。最近の世代の車両だと、千代田線の17000系とか日比谷線の13000系みたく、もっと凝ったデザインにしてくれい。

 

 

■参考

 

●2019.11.11(月)

  東京メトロニュースリリース

  同 - 別添ファイル(※PDF)