線路を行く

高松智徳による鉄道趣味ブログです。

東急大井町線に東急6020系!?

 来春までに急行を7両編成化するのは前から言われていたけど、運行本数自体の増発もするのね。現行6000系の中間車増備だけでなく、急行用の編成数自体が足りなくなるから、新形式導入、って感じか。

 

 見た感じ、田園都市線に入れる2020系と同等仕様?

 だったら番号は5000系列(田園都市線→5000、目黒線→5080、東横線→5050)みたく十の位を変えて20x0系(2050?)で良かった気がするんだが。

 まあそうすると、大量投入で番号が溢れたそうになったとき困るけどね。東横線用の5050系は最終的に30編成以上(36編成だったかな)投入されて目黒線用の5080まで行きそうになったから、後期に投入が始まった10両編成は4000を割り充てた経緯もあるし。

 そうすると、2020系列は導入線区ごとに千の位を変えて、東横線→4020、目黒線→3020、池上線多摩川線→7020、って感じに充てていくのかな?

 

 それと、外観が2020系と帯の色しか違わないというのは拙くない?溝の口から中央林間方面へ田園都市線に乗り入れる列車もあるわけだし、誤乗防止でなんかアクセント付けた方がいい気がする。

 

 6000系中間増備車の時(→該当記事)みたく、甲種輸送のシーンは是非撮りに行きたい。

 

 

<参考>

 東急電鉄ニュースリリース(※PDF)

 

 

 

auの2017冬モデル発表

 鉄道全然関係ないけど、「“線路を行く”旅のお供」と言うことで、スマートフォンの話題を。

 

 LG V30無いのかorz

 去年秋に出た同じLGのisai Beat(LGV34)持ってるけど、音質(※有線イヤホン接続時)良いし、画面綺麗で見やすいし、あんまデカ過ぎず持ちやすいからそこそこ気に入ってたんだが。

 今作はサイズや重さがあまり変わらないワリに画面が大きくなったし、無接点充電にも対応してるらしいし、音質面でも新たにフィルター選べるようになったらしいし。あとカメラ、スマホによくあるプラスティック製ではなく、一眼カメラみたくガラス製のレンズなんだとか。

 しかもカラバリで紫系(ソニーが昔出してたXperia Zシリーズのそれは好きだった)のLavender Violetがあるー!!

 ってことで期待してたのに。

 

 auでは毎期常連な京セラ製のスマホもないから、今までみたく年明けに第2弾的なのがあって、そこで発表される可能性もある(docomoから出たisai beatの同等機V20 PRO(L-01J)は年明け2月発売だったし)けど、

 端末各社が新機種発表するCESやMWCが控えてる中で買うのもな~、韓国では9月に出てるのに。そん時には今更過ぎるよ。

 

 次に目当てだったGalaxy Note8(SCV37)は10月26日(木)と結構早く出るけど、高い。流石に¥10万超える(¥118,800-)と財布の紐が固くなる。

 カラバリも2色しかないし。海外版にはあるOrchid Grayが欲しかった。黒は無難過ぎるし、逆に金は派手過ぎるわ。

 でもやっぱりSペンは魅力的過ぎる。他だとWindows機やiPadで似たようなのあるけど、手軽なAndroid端末には無い。Wi-Fiオンリーのタブレットでいいから、どっかやってくれないかあ。

 

 Xperia……Zシリーズ初期の頃のようなヲタク心擽る(?)インパクトが無さすぎる。

 AQUOS……廉価端末だしなあ。AQUOS R Compact(小型ハイスペック端末が出るというよくわからない噂)が無いとは踏んでたけど。

 

 Galaxy Note8突撃するか、出るかもワカラナイLG V30を待つか、この時期(2017末~2018初)での投入はやめる(isai Beatの毎月割まだ1年あるし)か。アドバイスあったらよろしく。まあiPhone X(予約始まってる?)は無いな、PCにiTunesすら入れて無いし。

 

 

 

稔りの秋田、こまち(5) - 番外編 男鹿線 八郎川橋梁

f:id:takamatsutomonori:20170919222251j:plain

↑船越(橋梁の列車から見て手前の駅)6:29発の普通秋田行は最長の5両編成。国鉄一般形気動車で5両も連なっているのは他ではなかなか無いのでは?果たしていつまで観られるのだろう...。

 

 『稔りの秋田、こまち』ラストは、もう秋田新幹線「こまち」ですらないという...。自分で言うのも難だけど、大げさにテーマ掲げておきながら全く一貫性がねーわ。

 秋田から男鹿半島の方へと伸びる、JR男鹿線八郎潟から海へ繋がる水路に架かる橋「八郎川橋梁」を渡るシーンは、バックに寒風山(の展望台)も収められるし、結構有名な撮影ポイント。あとは、近年すっかり数を減らしてしまった国鉄一般形気動車キハ40系(両運転台車のキハ40形と片運転台車のキハ48形があり、あと車内の細かい仕様で番台が分かれてるみたいだけど詳しくは知らん)が撮れる貴重なポイントということでも話題に。

 

 本当は春に行くつもりだったんだけど、悪天候で断念、無念な思いを晴らす為に今回の旅行に組み込むことに。ただ、当日朝ホテルを出たときは止んでいた雨が、列車に向かう頃には暴風雨に、撮影地に着いた後も散発的に降られ吹かれ、さらにどっかの委員長がミサイルぶっ放すわ(安全確認で遅延)で、ここの撮影地においてはホント運気が無いのね。近くの神社にお祓いしてもらった方が良かったかな。

 

■行き方(※男鹿線、天王駅から)

1. 天王駅ホームの階段を降りて、駅前の道を右(男鹿方面)へ。

2. 踏切(「与助踏切」)の後、道は線路とは離れて左へ行くが、道なりに歩く。

3. 神社(右手)の脇を過ぎると県道104号線に出るので、右折。

4. 暫く県道を行く。

5. 川を渡る手前で右折。

6. 男鹿線の線路を潜った直後、左手に見える草むらなスペースがポイント。

 駅徒歩約10分。橋梁を渡ってくる上り(追分, 秋田 方面行)列車を狙う。午前順光。

 ※補足; 天王駅前の駐輪場脇に公衆トイレ有り。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170919222247j:plain

↑背後の雲の隙間から陽が射して、素敵な虹が観られた。これを列車が潜り抜ければ最高、暴風雨を耐えた甲斐があったんだが、その時にはもう消えてしまった。ミサイルなんて打ち上げず、列車が定刻に通過していれば、、、キムのバカヤロー!!

 

f:id:takamatsutomonori:20170919222243j:plain

↑気を取り直し、次の列車(船越7:09発)はカメラを上に向けローアングルで撮影。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919222240j:plain

↑その次(船越8:07発)は寒風山を入れずに、編成重視で撮影。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919222236j:plain

↑長編成のボーナスステージ(?)も終わったので、最後(船越9:07発)はフツーな感じで。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919233203j:plain

↑3月から運行を始めた蓄電池車EV-E801系。電化区間ではパンタを上げてフツーの電車として走行しながら蓄電池に充電、非電化区間は充電した電力で走行。ディーゼルエンジンとか積んでないので加速時の走行音が静かなのが利点。コイツも撮影地で撮りたかったけど、撮ったら逆に乗れないし、「こまち」の撮影スケジュールを優先したかったので、今回は諦めることに。正直、全体的にのっぺりした印象で、あんまし撮り甲斐なさそうな感じだし。男鹿線の船越駅にて。

 

 

 

稔りの秋田、こまち(4) - 番外編 船岡踏切

f:id:takamatsutomonori:20170919200729j:plain

↑ちなみに焦点距離115mm(35mmフィルム換算で約230mm)で撮影、ここのポイントで望遠レンズは必須。

 

 

 4つ目は、稲穂な風景じゃなくて、今回の『稔りの秋田、こまち』というテーマにそぐわないため、“番外編”という扱いで紹介。

 

 JR奥羽本線羽後境大張野にある「船岡踏切」という踏切。

 この付近に該当する、秋田新幹線の大曲~秋田は、田沢湖線ではなく奥羽本線区間になるんだけど、普通列車とは線路も共有する田沢湖線区間と違い、普通列車と線路幅が異なるので線路が別々(※但し、一部は行き違いなどで三線軌条にしている箇所あり)で、

 この踏切の辺りは、下り(秋田方面行)進行方向の左側が普通列車用、右側が新幹線用の複線になっている。普通列車用線路側の踏切遮断機と警報機の隙間から、視界の脇や前方を遮る標識柱や架線柱を望遠レンズ(※換算200mmくらいは必須、出来ればズームで換算400~600mmまで対応できると構図の自由度で余裕が出来ると思う)で抜いて、反対側の新幹線用線路を行く秋田新幹線上り(大曲, 盛岡 方面行)「こまち」を狙う感じ。

 午後が順光。但し遅い時刻になると架線柱や架線の影の処理が難しくなってくるので注意。あとスペースが狭いので、人数は1人2人が限界、三脚もあまり広げられないので手持ちでの撮影を覚悟しておいた方がいいかも。

 

 田沢湖線区間だけでなく奥羽本線区間でも撮っておきたいと思ったからなんだけど、正直言うと、なかなかテーマに合う撮影地選定が事前に上手く出来なかったというのが実情。和田~四ツ小屋で探せば良かったか?

 ここで撮るにしても、レンズはもう少し望遠効くのがあればなあ。現状だと「LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」の望遠側焦点距離140mm(換算約280mm)が限界なのよね。

 「LEICA DG VARIO-ELMARIT」のズームレンズシリーズ(標準ズームの12-60mmは持ってる→記事、あと広角用の8-18mmもあるらしい。)で望遠用の50-200mm(要は換算で400mm程度まで行ける)が今度出るって噂があるから待ってるんだけど、発売はいつなんやろか、あと値段(←超重要)。

 

 

■行き方(※奥羽本線羽後境駅から)

1. 駅の西側出口(駅舎のある方)を出て、正面の道を進む。

2. 右手にある郵便局を過ぎた次の角を右折。

3. 県道176号線を暫く道なりに進む。

4. 「合貝」という大きな交差点に出るが、曲がらず直進。

5. 奥羽本線の線路を越えた次の角を左折。

6. 暫く道なりに行く。

  ⇒途中、県道28号線と交差するが、直進。

7. 「一ノ渡簡易郵便局」(右手)を過ぎた次の角を左折。

8. 道なりに神社の鳥居(左手)脇の坂を下りていくと、「船岡踏切」が見えてくる。

9. その踏切を渡った先の遮断機と警報機の隙間辺りがポイント。

 駅から徒歩約35分。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170919200723j:plain

↑ぎゃあああああーーーーーっ!!架線柱の影があああ!!。車両基地(?)が秋田の方にあるため、その出入庫の関係で、田沢湖線普通列車用の701系5000番台も(新幹線用の線路を)通過する。ちなみに当日は15:05頃に遭遇した。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919200719j:plain

↑線路東側(国道13号線方側ではなく、「一ノ渡簡易郵便局」方側)から見た船岡踏切付近全景。手前の線路が新幹線用、奥が普通列車用。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919200715j:plain

↑船岡踏切アップ。

 

f:id:takamatsutomonori:20170919200710j:plain

↑踏切にあった看板。E3系485系が並走してきたらどんなに嬉しいことか。E3系E491系(だよな?下のヤツ)の離合とか見てみたいわ。

 

 

 

稔りの秋田、こまち(3) - 鑓見内

f:id:takamatsutomonori:20170918225231j:plain

↑1つ目のポイントで撮影。踏切と画面手前左下をもう少し上手く処理出来なかったかと今になって後悔している。精進に努めます。

 

 

 3つ目は、JR田沢湖線鑓見内駅近くの田圃地帯。手前に写る稲穂だけでなく、バックの山々の稜線もイイ感じの撮影地。

 

■行き方

1. 鑓見内駅ホームから階段を下りて、正面の道を進む。

2. すぐ突き当たりで右折、暫く道なりに行く。

  ⇒線路に並行して盛岡方面へ。

  ⇒途中から左手に小さな川も並行する。

3. 踏切(「第一鑓見内踏切」)へ抜けられる道と交差するが、そのまま直進。

4. 右手にある民家(?)を過ぎると、道の舗装がなくなり、農道的な感じとなる。

5. その辺り(農道上)が1つ目のポイント。

6. そのまま農道を道なりに進むと、

  ⇒農業用車両も通らないのか、道は草茫々で荒れ果て段々険しくなる

  ⇒あまり立て付けの宜しくない小さな橋も渡る

  ※無理そうな場合は「3.」の踏切で線路反対側に出て向かった方がいいかも。

7. 2つ目の踏切(「第二鑓見内踏切」)と交差するので、右折。

8. 踏切を渡る手前付近が2つ目のポイント。

 1つ目のポイントは駅から徒歩約5分、2つ目のポイントは駅から徒歩約10分。

 どちらも下り(大曲, 秋田 方面行)列車を狙う、午後少し遅めが順光。

 ちなみに他のサイトでは「第一鑓見内踏切」近くの線路西側からもいい感じに撮れると書いてあるトコもあるけど、当日行った限りは前方にビニルハウスの骨組みみたいなのがある(農家さんがコメから転作された?)ので、(構図的に)期待しない方がいいと思う。

 

■メリット

1. 駅から近い。

2. 線路脇に建物が少ないため、背景が煩くない。

 

■デメリット

1. 鑓見内駅はトイレが無く、近くに借りれそうな施設も無い。

  ⇒列車で来る場合は駅到着前に車内で済ますしかない。

  ⇒あとは携帯トイレとか、最悪野ション

  ⇒自販機も無いので食料飲料の事前準備も欠かさずに!!

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170918225227j:plain

田沢湖線普通列車も(ry←しつこい!!。701系、個人的に結構好きなのよね。角張った無機質なステンレスボディのメタル感が、東北の自然とのギャップを感じられて面白いというかなんというか(日本語不自由過ぎるorz)。

 

f:id:takamatsutomonori:20170918225223j:plain

↑2つ目のポイントで撮影。編成重視でカーブしているのがイイ場合はこっち。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170918225217j:plain

↑あら、なんて素敵な女性!(なんだ絵じゃねーか!!)。なお、「線路を行く」では列車と一緒に写ってくれる美しい方をワリとガチで募集中です。※但し報酬は一切出ません。

 

f:id:takamatsutomonori:20170918225213j:plain

↑上のヤツが巣を作り始めたと思ったら、下からもう1匹出てきてケンカ始めた。せっかく遠くまで来たんだから、鉄道以外も撮りたいよね。

 

 

 

稔りの秋田、こまち(2) - 第一玉川橋梁付近

f:id:takamatsutomonori:20170918210042j:plain

 ↑一昨日インスタグラムの方に先行で挙げた写真。アカウントお持ちで気に入って頂けたら「いいね」オナシャス。

 

 

 2つ目は、JR田沢湖線の角館~鶯野にある、「第一玉川橋梁」で玉川を渡るシーン。 ここも有名な撮影地群で、インターネットなどでは、玉川の土手や河川敷、あとは線路の東側で並行して玉川を渡る国道105号線の橋の歩道から撮影したと思われる写真も見かけるけど、

 今回は“稲穂を行くこまち”がテーマなので、橋梁北西部から、橋と田圃を絡めて撮れるポイントを掲載する。

 

 穏やかに晴れたし、連休初日で秋田新幹線「こまち」の運行本数が増発されていたので、構図などじっくり悩んで色々試せたのが良かった。今回の旅行では一番の、(ヘタクソな)自分の中では満足の出来。

 

■行き方

 鶯野駅からが近いけど、鶯野駅は列車の停車本数がかなり少ないので、ちょっと遠いけど「こまち」も停車する角館駅から行くのがオススメ。

1. 角館駅を出て、左の道へ。

 ⇒(「ホテルフォルクローロ角館」と「旅館 やまや お食事処」の間の道)

2. 暫く線路沿いを進む。

3. 陸橋(跨線橋)の下に出るが、手前で右折。

4. 少し歩くと陸橋へ出られるので、その陸橋を進み線路の反対側へ。

5. 「下菅沢」という交差点に出るので、右折。

6. そのまま国道105号線を暫く進み、玉川を渡る。

7. 渡り終えた辺りで、国道の右脇に分岐する細い道へ入り、坂を下る。

8. 国道を潜れる道と交差するので、そこで右折。

9. 暫く進むと、田沢湖線の線路を潜る。

10. 潜った後、次の右手の農道へ入り、数十メートル進んだ辺りがポイント。

 角館駅から徒歩約35分。下り(大曲, 秋田 方面行)列車を狙う。午後順光。

 

■メリット;

1. 国道沿いにはコンビニや飲食店があるので、トイレや食料調達にはあまり不便しない。

2. 徒歩35分かかるとは言え、角館駅は「こまち」も停まるし、駅前にはタクシーもそこそこ居るので、交通の便は悪くない(いいとも言えないがw)。

 

■デメリット;

1. 農道上なので田植え期や収穫期は農作業の車両等で撮影に難が出る可能性あり。

  ⇒ちなみに当日は石材屋(近くに墓地がある)の方が出入りしていたので、難は無かったけど一応声は掛けておいた。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170918210037j:plain

田沢湖線普通列車も撮影可能。但し本数はかなり少なく、順光で撮れそうな(※後追いとなる上り列車は除く)定期旅客列車は現時点では角館12:43発と16:26発(※時刻変更の場合あり)の2本のみ。

 

f:id:takamatsutomonori:20170918210034j:plain

↑さっきから写真の上の方の空の辺りにある複数の黒い点の正体はコイツ。レンズやセンサーのゴミではない、と一応断っておく(多分)。

 

f:id:takamatsutomonori:20170918210028j:plain

↑川の近くの方の区画は収穫時期を遅らせてるのか、粒は出来始めているもののまだ青々強い(?)状態だった。ちなみに土手は草茫々で荒れていたので、夏場に土手の橋梁近くから撮るのはあまりオススメしないかな。

 

 

 

稔りの秋田、こまち(1) - 谷地跨線橋

f:id:takamatsutomonori:20170917220950j:plain

↑構図次第では、駅の予告盤(?正式名称ワカラン、架線柱に掲げてある黄色いヤツ)が入るのがいいね、どこで撮ったか一目瞭然。

 

 

 まず1つ目は、秋田県内じゃないっていう……(汗)。お隣の岩手県だった。しょっぱなからコンセプト外れてるじゃねーか!!

 『稔りの岩手、こまち』に訂正します。いやそーすると“秋”と“田”で掛けてたのがパァにorz。やっぱり戻します、『稔りの秋田、こまち、お隣の県編』ってことでお許し下さい。

 

 盛岡市の中心地・盛岡から少し外れたところにあるJR田沢湖線跨線橋から俯瞰で撮影出来るそこそこ知られたポイント。

 

 「こまち」の通過時刻を読み間違えて(上り(盛岡, 東京 方面行)列車は田沢湖から盛岡まで無停車が多く予測し辛い)、2本くらい見逃したのが失態だった。もっといろんな構図を試したかったんだがorz。「こまち」E6系は結構静か+踏切は近くない+住宅等で視界も遠くまでひらけてない、で列車の接近に気付けないので、その辺は注意が必要。構図の自由度は高いので、機会があるならリベンジしたい。

 

 撮影地から一番近い駅、田沢湖線大釜駅からの行き方。

1. 駅を出て、ロータリー左奥の方にある岩手日報の販売センターの前へ。

2. 左方の抜け道みたいになってる歩道の坂を降りる。

3. 出た道を東(盛岡駅方向)へ進む。

4. 県道16号線の陸橋を潜るが、そのまま道なりに暫く行く。

5. その次の陸橋は潜らずに手前で右折。

6. 陸橋の袂に出るので、陸橋の歩道を登っていく。

7. 田沢湖線の線路を越える手前辺りがポイント。

 駅から徒歩約25分。上り列車を狙う。午前順光。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170917220944j:plain

田沢湖線普通列車も撮影出来るけど運行本数はあまり多くない。普通列車は全て701系5000番台で、大体は写真のように2両編成だが、一部は通勤時間帯などで編成を2つ繋げた4両編成の列車もある。

 

f:id:takamatsutomonori:20170917220938j:plain

↑撮影ポイントにある跨線橋の銘盤(?)。山に稲穂と、まさにここで撮れるものがデザインされている(どうせなら「こまち」も入れてくれ!!)。

 

f:id:takamatsutomonori:20170917220928j:plain

↑「行き方」の「5.」で、陸橋手前で右折せずに左折し少し線路に近づいた辺りでも、こんな感じで撮影出来る。

 

f:id:takamatsutomonori:20170917220922j:plain

↑同様に普通列車も。4両編成だとこんな風に撮れる。

 

 

 

稔りの秋田、こまち

f:id:takamatsutomonori:20170917205245j:plain

↑橋を渡り、収穫寸前(?)の田圃脇を駆け抜ける、秋田新幹線「こまち」E6系。JR田沢湖線、角館~鶯野にて。

 

 

 7月の山形新幹線(→該当記事)、先月の高徳線(→該当記事)、に続く“遠征”第三弾は、

 『稔りの秋田、こまち』というコンセプト(?)で、

 稔りの秋なこの季節に相応しく、黄金色に輝く稲穂のある風景を行く秋田新幹線「こまち」を撮りに行くことにした。

 

 高畠での山形新幹線撮影(→該当記事)で、水田地帯を走る列車の撮影というのに手応えを感じたので、今度は是非たわわに稔った(?)収穫期に行こう、と。同じ山形新幹線でも良かったけど、違うところにも行ってみたかった(気まぐれな性格なモンでw)ので、似たような感じ(ミニ新幹線で米ドコロを走るし)な秋田新幹線……ってな流れ。まだE6系に乗ったことなかったから、ここいらで乗っておきたい、っていうのもあったかな。

 

 黄金色に輝く稲穂を、赤と白の「こまち」が駆け抜ける……。非常に素晴らしい光景だった。

 来年もまた訪れたい(まあその時は気が変わってるわけだがw)し、次は季節・場所を変えて違うコンセプトで……ってのも悪くないね。

 

 毎度の如く、複数の記事に分けて掲載します。色々な作業の合間にやるので、全部終わるまで数日かかるかもしれませんが、予めご了承ください。

 

 

<関連記事>

 2017.00.00記事「」

 2017.00.00記事「」

 2017.00.00記事「」

 2017.00.00記事「」

 2017.00.00記事「」

 

 

 

甲種輸送 at 長津田 - 東急6000系中間増備車

f:id:takamatsutomonori:20170830165340j:plain

JR横浜線長津田駅構内の引き込み線へ進入する機関車(DE10形でいいのかな?)と東急6000形中間増備車。ちなみに引き込み線からスイッチバックする形で東急の荷受け線へと繋がっている。機関車は方向転換し、6000系を後ろから押す形(推進運転)で荷受け線へと持っていく。

 

 

 今日は甲種輸送を撮影してきた。

 

 甲種輸送、まあワタクシも詳しくないのでようワカランけど、要は、

 出来たばっかの新型車両だとか、大改造(または修理)の為に鉄道車両をメーカーの工場へ持っていく(or 改造後に工場から持ってくる)とか、遠くの路線用に移籍させるとか、の理由で、

 その鉄道車両が自走出来ない線区を、機関車が代わりに牽引して運ぶ(貨物輸送)、

 的なヤツね。

 まあ大体は新型車両(を機関車で牽引して輸送するケースを指す場合が多いと思う)。ワタクシら一般人にとっては、その車両(系列)が初めて“線路をゆく”シーンをお目に掛かれる(撮れる)ワケだし。結構貴重なシーン。

 

 昨日今日(2017年8月29日30日)と、東急大井町線急行電車で使用されている東急6000系の中間増備車が甲種輸送されるということで、早速撮ってきた。

 東急大井町線の急行電車は、今は6両編成で運行されているけど、朝ラッシュの混雑を緩和(のために輸送力増強)するため、今年度中に7両編成へと伸ばされるのだとか。そのため現在は6両編成となっている6000系に中間車を1両ずつ組み込むため、今回の増備に至ったらしい。

 

 東急田園都市線沿線民としては、これでさらなる通勤時間帯の混雑緩和&遅延抑制に繋がれば、ハッピーなんだけどね。そんなことを思いながら、多くのレイルファン(東急ファン?)とともに、新しい車両を出迎えていた。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170830165336j:plain

↑引き込み線に停車。

 

f:id:takamatsutomonori:20170830165332j:plain

↑同じく引き込み線に停車中、今度は後ろから撮影。引き込み線は横浜線田園都市線に挟まれる形(?)であり、写真の手前右が横浜線ホーム、奥左(停まっているのは恐らく東急8500系)が田園都市線下りホーム。

 

f:id:takamatsutomonori:20170830165324j:plain

↑一番後ろの車両のアップ。今回の中間増備車の連結位置はどうやら3号車(大井町方から3両目)になる模様。

 

f:id:takamatsutomonori:20170830165316j:plain

↑荷受け線から車両基地(?長津田検車区)への搬入は東急7500系「TOQ i」が担当する。てか初めて見た。田園都市線上りホームより撮影。

 

f:id:takamatsutomonori:20170830165654j:plain

横浜線の主力車両、E233系6000番台も撮影してきた。前来たときは205系だったような......(←何年前だよw)。

 

 

 

検測車 on 東金線(東金~求名)

f:id:takamatsutomonori:20170823172618j:plain

東金線を走行するE491系East i-E」。東金~求名の砂押第一踏切(東金市立東中学校の南東方)付近にて。

 

 

 JR東日本の在来線電化区間用の検測車、E491系East i-E」。

 先月(2017年7月)の水戸線(→記事)に続き、今回は東金線で(検測をやるということで)撮ってきた。

 

 正直、東金線なんて5駅13.8km(ウィキペディアより)しかないし、貨物や特急や観光列車が来るわけでもないし、沿線でマトモに撮ったことある人なんてかなり少ないんじゃないだろうか?

 そんなマイナー路線の撮影にも“線路を行く”は挑戦します!!。でも撮影地の情報が(インターネット上に)無いから自分で探さんといかんのよねぇ。Google Mapでストリートビュー機能などを駆使し、1時間近くかけて探したわ。

 

 だが、実際行ってみると、草茫々で撮れへんわ~orz。慌てて別のポイントを探してナントカ撮ったのが上の写真。

 駅南方にある遊歩道みたいなトコロは草茫々で荒れ果てて歩けそうもなく迂回させられるし(結局踏切渡って線路北側をまわることに、おかけで練習用に考えてた列車1本見送るハメに)、クソ暑くて汗は滝のように流れるし、あとで昼食にと立ち寄った商業施設は休みで飲食店全部やってないしで、過去に類を見ない超過酷な撮影行程だった。

 しばらく東金線は乗りたくないわ~(苦笑)!!

 

 一応行き方。

1. 求名駅はホーム上に改札がある。

2. 跨線橋の階段を登り、左(北口?城西大学側の駅出口)へ。

3. 駅前の公園を左(南西)へ(線路沿いに)抜ける道を行く。

4. 突き当たり(奥に「さいとう整骨院」)を右折。

5. 県道124号線を暫く進む。

6. 左手のファミリーマートの先の小川を渡った(※手前の道ではない)直後を左折。

7. 次すぐの角を右折。

8. 暫く行くと右手にカインズホーム建物裏側(駐車場入口)が見えてくる。

9. その建物が終わった直後の角を左折。

10. 右手に東金市立東中学校(のグラウンド?)が見えてくる。

11. 踏切(砂押第一踏切)を渡ってすぐの道幅が少し広くなったところがポイント。

12. 上り(大網経由千葉方面行)列車が撮影できる、正午頃順光?

 駅から徒歩約25分くらい。注意点はたまに車が通るので、道の真ん中ではなく道幅が広くなった隅の辺りじゃないとマズい点。ので、収容人数は1人が限界だろう。

 さらに右折して農道を線路沿いに(東金方面へ)進み、次の踏切(北田間踏切)と交差する道路(農道ではなく舗装されている)手前の農道を左へ少し入った辺りが、3つ目の写真の(本来撮影する予定だった)ポイント。こちらは大人数収容出来そうだが農道上なので田植え期や収穫期は(農業用車両が往来するので)不可。まあ草茫々で現状は撮影地とは言えないけど。

 

 

f:id:takamatsutomonori:20170823172613j:plain

↑普段は普通列車として209系2000番台(2100番台含む)の4両編成または6両編成が来るほか、朝夕は京葉線直通列車などでE233系5000番台も見られる(らしい)。

 

f:id:takamatsutomonori:20170823172609j:plain

↑本来予定していたポイントの北田間踏切南方の農道上から撮影。稲穂と絡めて撮りたかったのだが、ご覧のように草茫々で車体にまで被ってしまっている。この辺りは収穫が早いらしい(早場米とかいうやつ)ので、稲穂と絡めて撮るのは諦めるしかないのかorz。

 

 

<関連記事>

 2017.07.28記事「検測車 on 水戸線(玉戸~下館)